笑梟

なにを隠そう、私は、立ち蕎麦マニアである。

 

東に旨いという蕎麦屋を聞けば、
行ってその真偽を確かめ…
西に珍しいというメニューを聞けば、
「次に来るのではないか」と食する。

 

今までオフィスの近くには必ず、
旨い立ち蕎麦を見つけて、悦に入っていました。

八重洲では「恵み屋」
両国では「文殊」「かくや」
日本橋では「よもだそば」
小舟町では「そばよし」「堀留屋」と…

至る所に名店と呼ばれる店は存在するもの。

 

「金山あるところ、名店あり」と、
私と立ち蕎麦との運命的な縁を感じていた私が、
ここ西新宿の地でチェーン店なんかに
甘んじている訳には行きませんでした。

 

西新宿に通いはじめて、はや二ヶ月。

そろそろ近くに旨い立ち蕎麦を見つけなければ、
マニアの名が廃るとばかりに、
一生懸命知る人ぞ知る名店を探し続けていました。

 

向いのホーム 路地裏の窓
こんなとこにいるはずもないのにと、
その姿は、まるで山崎まさよしの様だったかと思います。

 

その甲斐あって、遂に見つけました。
それも、今までの私の立ち蕎麦の歴史を塗り替える
名店に巡り会ってしまったのです。

本当はこのブログで教えたくないんだけれど、
しょうがないので教えます。

 

その名も、西新宿「笑梟(ふくろう)」。
そこの看板メニューの冷たい肉そばは、
山形県寒河江市河北町の名物料理らしい。

その独特のスープは、一度食べたら病みつきです。

 

写真は「冷たい山椒肉そば」と「ミニ鶏生姜ごはん」。
美味しゅうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です